スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【コラム】新型万能細胞から考える、日本の官製イノベーション

1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/02/02 17:54:40

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に
分化できる万能細胞の作成に成功した。従来の常識を覆す快挙といえるが、この事例は、
画期的な研究というものは事前に予測することができないというイノベーションの本質を
よくあらわしている。

 日本では事前に有望な分野を絞り込み、集中的に予算を投入すれば高い成果が得られると
いう認識が強く、特定分野を支援する政策が主流となっている(ターゲティング・ポリシー)。
 科学技術が未熟な途上国ではそれも通用するが、本当のイノベーションを必要とする
先進国ではその概念は通用しなくなりつつある。今回の発見は、日本の研究開発支援体制を
見直すよいきっかけになるかもしれない。

 あらゆる細胞に分化できる万能細胞は、実用化できれば再生医療や創薬分野などにおいて
極めて大きな役割を果たす。
 万能細胞の分野では、2012年にノーベル賞を受賞した京都大学教授の山中伸弥氏による
iPS細胞などが有名である。だがこれまでの万能細胞は、遺伝子操作など大がかりな処理を
行う必要があり、実用化に際してはこのカベをどう乗り越えるのかが大きな課題となっていた。

 今回の研究は、酸に細胞を浸すだけで万能細胞ができるかもしれないという衝撃的なもの
である。この研究結果に汎用性があるのかについては今後の検証を待つ必要があるが、
場合によっては、今までの研究に費やされた努力や予算がすべて吹き飛んでしまう可能性
すらある。

 だが往々にして革命的な研究というのはこのようにして生まれてくることが多い。ノーベル
化学賞を受賞した田中耕一氏の研究も、間違って素材を混ぜるという偶然から着想を得て
いるし、超電導技術も別な研究の最中にたまたま発見されたものである。従来の概念や知識
では予測がつかないからこそイノベーションなのである。現在では、イノベーションを
事前に予測・管理することは不可能であるというのがコンセンサスになりつつある。

 だが日本では、画期的な研究というのは、事前にターゲットを絞り、国家予算を重点投入
することで実現できると考えている人がいまだに多い。このため官庁に対するプレゼンが
上手な研究者に予算が偏って配分されるという現象が生じやすい。また既存の価値観が
予算配分の基準になるので、学会などにおける地位の高い人の意向が反映されやすい。

ソース
http://blogos.com/article/79239/

関連スレ
【知的財産】STAP細胞発明者に小保方さんの名も、既に国際特許出願[14/01/30]
http://www.logsoku.com/r/bizplus/1391125208/

(つづく)
no title


スポンサーサイト
[ 2014/02/04 20:30 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

【知的財産】STAP細胞発明者に小保方さんの名も、既に国際特許出願

1: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 08:40:08

no title

「STAP細胞」の作製に成功した理化学研究所などが国際特許をすでに
出願していることが30日、わかった。
今後、再生医療への応用などを目指した国際的な知財競争が激化することが
予想され、今回の特許がどのような形で認定されるかが注目される。

国際特許は、理研と東京女子医科大、米ハーバード大の関連病院である
ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の3施設が合同で米当局に出願。
2012年4月から手続きを始め、昨年4月に出願した。
発明者には、小保方晴子・理研ユニットリーダー(30)ら7人が名前を
連ねている。
出願内容は「ストレスを与えることで、多能性細胞を作製する手法」。
iPS細胞(人工多能性幹細胞)のように、外部から遺伝子を導入したり、
たんぱく質などを加えたりしなくても、皮膚のような体細胞が、多能性細胞に
変化することを示した。
ただ、最終的に特許当局にどこまで権利範囲が認められるかは分からない。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140130-OYT1T00630.htm?from=ylist



[ 2014/02/02 20:00 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

【資源/宇宙開発】小惑星採掘に暗雲か、投資に見あうだけの成果は得られにくいとの調査結果

1: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/27 10:04:58



ソースはギガジン
http://gigazine.net/news/20140126-asteroid-mining/

[1/2]
地球の近くを周回する小惑星の地中に大量に存在するとされるレアメタル(希少金属)を
宇宙ロケットとロボットを利用して採掘して地球に持ち帰るという計画が進められていますが、
研究の結果では当初の予想を下回る採掘量しか得られないかも知れないことが明らかに
なってきました。
BBC News - Few asteroids are worth mining, suggests Harvard study
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-25716103



-続きます-


[ 2014/01/28 21:48 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

【宇宙】ISSにあるウエットタオルで作った遮蔽材 放射線量を4割近く低減 火星探査に応用も【放射線医学総合研究所】

1: 白夜φ ★ 2013/12/30 00:39:28

ぬれタオルで放射線4割減=宇宙で実験、火星探査に応用も-放医研

国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士は1日に0.5~1ミリシーベルト被ばくするが、放射線医学総合研究所(千葉市)などは27日、ISSにあるウエットタオルで作った遮蔽(しゃへい)材を使った実験で、放射線量を4割近く低減できたと発表した。
将来の火星探査では、飛行士の被ばく対策が課題の一つ。実験は有効な遮蔽材の開発に役立ちそうだ。
 
ISSでは1日に地上の100倍以上の放射線を浴びるが、ロケットの輸送量には限りがあり、大きな遮蔽材を作るのは難しい。
有人火星飛行を目指す米航空宇宙局(NASA)は5月、往復だけで生涯許容限度に近い被ばくをするとの研究結果を公表している。
 
放医研の小平聡研究員らは、ロシアなどの研究機関と協力。遮蔽効果に優れる水を多量に含み、ISSに大量にあるウエットタオルに着目した。ロシア人飛行士がISSのロシアモジュール内でタオルの入った包みを積み重ね、幅約70センチ、高さ約150センチの遮蔽材を作った。
 
2010年6月から約半年間、放射線量を測定したところ、遮蔽材がない場所が1日0.96ミリシーベルトだったのに対し、ある場所は同0.59ミリシーベルトで約37%減った。(2013/12/27-20:05)
_____________

▽記事引用元 時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122700818&g=soc
国際宇宙ステーションで宇宙飛行士が浴びる放射線量を減らすため、水を含んだウエットタオルを並べて作った遮蔽(しゃへい)材を、地上で再現したモデル(放射線医学総合研究所提供)
no title


[ 2013/12/31 22:15 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

【資源】南極にダイヤモンド存在の可能性⁉ キンバリー岩を発見!

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/12/18 12:05:14

[オスロ 17日 ロイター] -ダイヤモンドを含むキンバリー岩を南極大陸で初めて発見したと、オーストラリアの研究者が率いるチームが学術誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

ダイヤモンドは今回見つからなかったが、調査を率いたオーストラリア国立大学のグレッグ・ヤクスレー氏は、ロイターとの電話インタビューで「このようなキンバリー岩にダイヤモンドがなかったとしたら、非常に驚きだ」と語った。

同誌に発表した論文によると、調査チームは南極大陸東部にあるプリンス・チャールズ山脈のメレディス山周辺でキンバリー岩を発見。
ただ、南極は「環境保護に関する南極条約議定書」によって少なくとも50年間は採掘が禁止されている。
また、他の地質学者らは、ダイヤモンドが見つかったとしても商業的な価値について懐疑的な見方を示している。
南極研究所のティール・ライリー氏はロイターに対し、同じようなキンバリー岩の岩床であれば、利益が得られるのはその1割に満たない
と述べた。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE9BH01N20131218
■Nature Communications http://www.nature.com/ncomms/index.html
 The discovery of kimberlites in Antarctica extends the vast Gondwanan Cretaceous province
http://www.nature.com/ncomms/2013/131217/ncomms3921/full/ncomms3921.html
 ↑全文読むには3300円必要な様です。
no title


[ 2013/12/18 23:00 ] 科学 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。