スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【コラム】貧困大国アメリカを追いかける日本 国民の3分の1が、貧困層やその予備軍に?

1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/01/12 14:56:44

はたしてアメリカは、ほんとうにインフレで幸せになったのでしょうか。

 アメリカは国民が金融資産の半分以上を株式でもっている国ですから、単純に考えれば、
「株価が上がることは、国民の金融資産が増えること」を意味しています。しかし実際には
、一握りの富裕層が金融資産の平均保有額を押し上げているだけで、国民の大半は金融資産
をあまりもっていないという状況にあります。

■株価を上げることで、景気回復を図るのは邪道

 株価が上がり続ける一方で、国民の所得はなかなか増えず、しかも物価が上がり続けて
いるということは、名目以上に実質的な所得は減る傾向にあり、国民生活が苦しくなりつつ
あることにほかなりません。

 FRBのバーナンキ議長は「原因」と「結果」を取り違えました。景気回復の結果として
株価が上がるのが経済の正しい道筋であり、株価を上げることで景気回復を図るのは邪道と
いうほかありません。邪道な政策ではどこかに無理が生じるものです。その副作用として、
格差の拡大がより深刻になったのです。

 「本当の景気回復」とは、株価や企業収益ばかりが高くなり、格差拡大を進めることでは
決してありません。国民の生活が向上し、国民が景気のよさを実感できることではないで
しょうか。アメリカのインフレ推進派の経済学者は、現実を直視して、もう一回考え直す
必要があります。

 もちろん、日本のリフレ派の経済学者も考え直すべきです。アメリカと同様に、通貨安や
株高を先行させたとしても、「ほんとうの景気回復」など達成されるわけがないからです。
むしろその副作用として、アメリカのように家計が疲弊してしまう可能性が高いことは
いうまでもありません。

 「株価の上昇だけではない。金融緩和は低金利を促し、企業の設備投資も増やすはずだ」
。リフレ派はこう反論するかもしれません。確かに、日銀が2013年4月から行なっている
異次元金融緩和後の4~6月期のGDPでは、民間設備投資は前期比で1.3%増と6四半期
ぶりにプラスに転じました。

 しかしそれは、建設業が26.0%増、不動産業が20.1%増と大幅な伸びを示して全体を
引っ張ったためで、大型補正予算における公共工事の増加によるものが大きいのです。
肝心の製造業は9.1%減と3四半期連続で減少しました。設備投資増加の中身は、じつは
寂しいものなのです。

■円安でむしばまれる家計

 2012年の対ドル平均為替レートである79円から100円前後まで円安が進んだことにより、
期待されたように輸出量が増えたかといえば、貿易統計の推移をみているとそうでもない
ことがわかります。1年以上も前年割れを続けていた輸出数量は、2013年7月にようやく
前年比で1.8パーセント増、8月も1.9%増となりましたが、9月は再び1.9%減とマイナス
に転じ、一進一退が続いています。

 円安は輸出企業の採算にはプラスですが、輸出数量が伸びないのでは、設備投資が増加
する見込みはきわめて薄いでしょう。量的緩和をし、円安にしたところで、顕著な需要の
増加が見込めなければ、賢明な日本企業が設備投資に動くはずがありません。

ソース:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/28041

(つづく)
no title



2: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/01/12 14:57:42

>>1のつづき

 雇用環境は若干の回復を見せていますが、これは量的緩和の成果ではないでしょう。2013年
7月の完全失業率は3.8パーセントで、4年9カ月ぶりの低水準となりました。ここでも
数字だけを見たら、雇用環境が大幅に改善しているように見えます。ところが、被雇用者数
の増減を雇用形態別でみると、契約社員、パートタイマーをはじめとする非正規の雇用者数
が2013年初めから大きく増える一方で、正規の雇用者数は減少傾向をたどっています。

 それを裏付けるように、4~6月期の労働力調査でも、非正規雇用で働く人は1881万人と
なり、四半期ベースで2002年の集計開始以来最多となっています。要するに、アメリカと
同じように、日本でも雇用の質の劣化が始まっているかもしれないのです。

 問題の家計の疲弊について話を戻すと、値上げはコスト・プッシュ型(コスト高による
値上げ)とデマンド・プル型(需要増による値上げ)の二つに大別されますが、アベノミクス
が招いたのは明らかに前者のコスト・プッシュ型です。

 円安の進行が、コスト・プッシュ型の物価上昇をもたらしています。消費者物価を押し
上げている最大の要因は、電気代、ガソリン代、ガス代といった輸入エネルギー価格の
上昇にあるからです。円安は日本の家計を確実に蝕みはじめているのです。

 象徴的なのは、国が買い取る価格がそのまま国内価格に反映される輸入の小麦価格です。
すでに2013年4月に9.7パーセントの引き上げをしているにもかかわらず、同年10月には
さらに4.1パーセントもの引き上げが行われました。

 その後もマヨネーズ、ハム、パン、食用油など家庭の必需品の値上げラッシュが続いて
いますが、結局のところ、日本もアメリカと同じく、物価は上がっても給料は上がらないと
いう悪いインフレになる可能性が高いのです。給料が上がるのは、一部の大企業だけでしょう。

 おまけに、インフレは貯蓄好きな日本国民の貯金を実質的に目減りさせることになります。
その一方で、外国人投資家は日本がインフレ国家になることを期待して、日本株の保有比率
を高めてきています。

 そのせいか、日本企業の株主重視の傾向が強まってきており、労働分配率を引き下げて、
利益率を引き上げようと考える企業も増えていく可能性があります。配当増や自社株買いで
株主に報いようと強く考える企業が増えれば増えるほど、労働者を「使い捨て」にする
企業が増えるリスクは高まっていくでしょう。

 国民の暮らしはだんだん悪くなる一方で、一握りの金持ちや大企業はまったく痛痒を感じて
いません。その先にあるのはおそらく、「アメリカ型社会」の到来です。安倍首相と黒田
日銀総裁は、本人たちは意識していないかもしれませんが、日本をそのような社会に導こうと
しています。

 国民の6人に1人が貧困層、国民の3人に1人が貧困層および貧困層予備軍に分類される
アメリカ、人口の2人に1人近くがワーキングプアの状況にあるアメリカは、まさに「
貧困大国」です。そのいびつな姿が、日本の未来になることを決して許してはいけないと、
私は強く思うのです。

<以下略。省略部分はソース参照。>

-以上-


3: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 14:58:28 ID:QaHmU8lR

国民の2/3が貧困じゃないってのが既にすごいな・・・
人口3億、日本の2倍ぐらい金持ちがいるってことか


5: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:00:31 ID:S470EHMk

円安批判はけっこうだが円高時代の日本がどうだったか思い出せ アホ


16: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:08:54 ID:OydxzW0/

>>5
政府の借金を増やせばそれだけ円安になるのに、消費税増税で円高にふれさせよう
としてるのが、今の政府な


6: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:01:17 ID:8I9tF5rp

貧乏人の本音↓


7: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:01:46 ID:/DIyHe3A

生活保護寄こせニダ


8: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:02:45 ID:aEP1UpL0

( #`ハ´) 「米国を追いかける日本だと ? 中国の方が先アル」
<*`∀´> 「米国を追いかける日本だと ? 韓国も負けられないニダ」


9: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:04:56 ID:Fanc1Pcv

東洋経済か

相変わらず円安悪玉論www まんま朝鮮の主張と同じwww


10: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:07:16 ID:Fanc1Pcv

円安の経済効果

輸入製品の競争力が減退し、国産品が取って代わる
東洋経済的には、これって悪いことなんですね


11: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:07:32 ID:k04YVT6D

貧困は程度によるが総中流は反対だ
貧乏人の論理は、能はないくせに労せず文句だけは言う
そんな奴らの言うことなんか聞いても仕方がない


13: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:08:17 ID:QBFp8In+

経済崩壊の仕組みを殆ど語らず崩壊してからの事を延々と語る経済紙
判りやすい安いですねぇ
そんなに危ないと思っているなら本気で騒いでみては如何か


14: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:08:44 ID:VKXyq/83

ではどうやって「ほんとうの景気回復」を実現すればいいのか
そんな方法があるようには思えないんだけど


15: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:08:53 ID:wtN5/9S5

アベノミクス式の第三の矢→規制緩和
アソウノミクス式の第三の矢→規制強化

※第三の矢として規制強化したうえで金融緩和(第一の矢)や財政出動(第二の矢)を継続すると景気を維持しつつ所得が効率よく再分配される(アソウノミクス)

いまこそ麻生内閣の復活を。


17: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:09:16 ID:L2VTWj0A

批判だけなら誰でもできるし、全方向に欠点がない政策なんてものがあるなら
とっくにやってるわけで。限られた方法の中から少しでもマシと思われるものを
選んでくしかなんいんだよ。


22: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:12:26 ID:OydxzW0/

>>17
消費税撤廃による財政赤字の一時的拡大で、需要増と円安をもたらす
欧米の資本家が日本を乗っ取りにくくなるのが、欠点といえば欠点かな、売国奴視点では
それにこれまで一貫してやってるのは、消費税増税と法人税減税による財政赤字の拡大


28: 名刺は切らしておりまして 2014/01/12 15:19:35 ID:5WUStBAO

みんなで幸せにはなれないってことか…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。