スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【知的財産】外国の特許が満期シーズンに中国企業が目を光らせている模様

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/14 08:35:12

2014年1月8日、外国製の人気薬剤の特許権が今年満期を迎える。
これは中国の製薬企業にとって、発展の黄金時代を意味する。
今年世界で特許権の保護を失う薬剤は、価値にして総額400億ドル(約4兆1600億円)に
達すると推算されている。人民日報海外版が伝えた。

2014年に各分野の多くの特許権が満期を迎えようとしている。
3Dプリンタのコア技術「レーザー焼結技術」が1月に満期になるが、中国の3Dプリンタが
飛躍的な発展を実現する可能性がある。
今後数年間で、世界の数百件の農薬の特許が相次いで満期になり、中国農薬市場が海外企業に
掌握されるという局面が打破されるかもしれない。

満期を迎えた特許は無料の金山と呼ばれている。
専門家は、「巻き返しを図る中国企業は満期になった特許を活用し、革新を求めるべきだ」
と提案した。
中国の「専利法」(特許法)によると、特許には発明、実用新案、意匠が含まれる。
発明特許の保護期間は20年、その他の特許の保護期間は10年だ。特許の保護期間が満期に
なると、一般人が無料で使用できるようになる。特許が満期になっても、技術が淘汰される
とは限らず、むしろ光り輝く「金」を掘り出せる可能性もある。

中国食品薬品検定研究院副院長の王軍志(ワン・ジュンジー)氏は、
「中国の生物薬剤の主流はコピーで、海外製薬企業の特許という垣根に苦しめられている。
米国は生物薬剤の特許のうち59%を、EUは19%を、日本は17%を占めており、
その他の国は計5%のみとなっている。ゆえに中国の製薬企業は特許の垣根を飛び越えようと
躍起になっているが、まもなくこれが実現されようとしている」と指摘した。

2014年に世界で特許権の保護を失う薬物は価値にして400億ドルに、2015年は560億ドルに、
2016年は310億ドルに達すると推算されている。薬品業界は大規模な特許権満期を迎え、
多くの製薬企業はこれを「祭典」としてとらえている。

中国社会科学院法学研究所の李順徳(リー・シュンダー)研究員は、
「満期になった特許を利用しコピー生産を行うことは、世界では一般的な手法だ。
多くの先進国はコピーから始まり、その後それ以上のモノを作り出している。
中国は一部の分野で遅れているため、コピーは近道といえる。中国企業は外国の特許を
コピーする中で革新を求めるべきだ」と指摘した。

ソースは
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81679&type=
no title



24: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 10:31:29 ID:hFlzrw7N

ハイハイ夢の国!楽園の国!
天国に一番近い国w


2: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 08:37:44 ID:4PhLpN+i

え、特許というものがあるのを知ってたのか?(驚)


3: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 08:41:29 ID:jTM3SfiH

特亜だけは除外しろ


4: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 08:44:45 ID:If4WT/JR

特亜のジェネリック人間どもは日本から追放しろ!


5: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 09:05:31 ID:14typaCm

要約すると
パクれるぞってことね。


6: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 09:06:10 ID:4BoVX75n

なんだこれ。
特許切れ技術を使うのは結構だが、この記事から受ける印象として、なんだか物凄くプライドのない人種だな。


7: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 09:06:39 ID:g0uX5vu6

そして、期限切れ特許だけでは作れないことに気付いて祭り終了だろw


8: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 09:07:51 ID:qlZjllvc

シナのクスリだって?

正に毒薬。

恐ろし過ぎるだろ。
クスリにも原材料と生産国明記が必要。


10: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 09:14:55 ID:0kDNOF2C

どんなに安くても made in Chinaの薬だけは嫌です。

死にたくないので


11: 名刺は切らしておりまして 2014/01/14 09:15:27 ID:8HUWK9yA

害国の薬が出回るのか…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/14 21:30 ] メーカー 化学・医薬品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。