スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【農業】農薬の効かない雑草「スーパーウィード」、米国で大繁殖

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/16 13:55:28

ソースは
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577?pid=0&page=2

[1/2]
米国で除草剤が効かない「スーパーウィード」と呼ばれる突然変異の雑草が大繁殖している。
環境運動家や研究者からは、遺伝子組み換え(GM)作物が原因だという声も上がっているが、
業界の大手各社はこれを否定している。

米科学誌サイエンス9月号に発表された研究報告によれば、除草剤に対する耐性をもった
GM種子が開発されたために、除草剤が過剰使用されていることが原因だと、多くの科学者が
指摘している。
「除草剤として世界で最も普及しているグリホサート系の農薬が効かない雑草が、米国内の
大豆や綿、トウモロコシ農場の大部分で繁殖」している。多くは、除草剤耐性のあるGM種子を
使っている農場でのことだという。

アグリビジネスの市場調査会社、ストラタスの最新調査によれば、グリホサート系除草剤が
効かない雑草が生えていると答えた農家は、2011年には米国の農家全体の34%だったが、
2012年は49%と半分に迫っている。

■問題の除草剤とGM種子、共にアグリビジネスの産物
グリホサートは米国で最もよく使われている除草剤で、1970年代に米アグリビジネス大手
モンサントが開発した。「ラウンドアップ」の商品名で市販されている。
同社はまた1996年にグリホサートに耐性のあるGM種子を初めて開発した企業でもある。
モンサントのライバル企業の一つ、米化学大手ダウ・ケミカルも「Durango」の名称で
同様の製品を販売している。

しかし、アグリビジネス業界は、スーパーウィードの繁殖に関する責任を否定している。
モンサントの広報は「除草剤の効かない雑草は、GM作物が開発されるずっと以前からあった」
と反論している。
米農務省(USDA)も同じく「数十年前から起きている現象」だという見解だ。
「時間とともに作物が耐性を選択する結果、自然に起きることで、すべての除草剤でみられる」
としている。
またUSDAは、GM作物ではなく「農家の除草の仕方」にスーパーウィード繁殖の一因がある
と強調する。GM種子と一緒に、モンサントや競合他社が開発したグリホサート系農薬を
使っていることが問題だという主張だ。
ダウ・ケミカルの広報も「問題は、過去の除草剤耐性作物の栽培システムが、グリホサートの
過剰使用につながったことにある。他に有効な除草法を、農家が見つけられなかったからだ」
と述べている。 

-続きます-
no title



2: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/16 13:55:44

-続きです-
[2/2]
■耐性獲得の悪循環に関する指摘
しかしGM作物に反対するNPOや研究者などは、GM作物がスーパーウィードの繁殖を
大きく加速させたという立場だ。
悪循環を指摘するのは、米ワシントン州立大学の「持続可能な農業と天然資源センター
(Center for Sustaining Agriculture and Natural Resources)」のチャールズ・
ベンブルック氏だ。除草剤の投入量を増やせば増やすほど、グリホサート耐性の強い雑草が残る
という説明だ。

米化学大手デュポンの種子部門「パイオニア」のウェブサイトに公開された研究によると
「グリホサート系除草剤は、グリホサート耐性のある作物の導入に先駆けて20年もの間、
使用されていた。その間、耐性に関する問題はなかった」という。
しかし、やがて作物は耐性を獲得した。「最初は長年にわたって、1シーズンの間に何度も
グリホサート系除草剤を使用してきた地域から」だったという。

ベンブルック氏よれば「スーパーウィードはGM作物に頼っている農家にとって大問題と
なっており、そうした農家は、除草剤使用量を毎年25%ずつ増やさざるを得なくなっている」。
さらに「今後、複数の除草剤に耐性のあるGM種子が新たに認可されることにより、
除草剤の投入は平均使用量よりも、少なくとも50%は増えるというのが多くの専門家の予測」
だという。

米農務省は1月、ダウ・ケミカルが開発した複数の除草剤に耐性をもつGM種子の認可を
検討することを発表した。その除草剤の中には、癌や筋萎縮性側索硬化症を発症させる可能性が
指摘されている強力な農薬も含まれている。

-以上です-


3: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 13:57:34 ID:ERa+hFAM

「雑草という草はない」


4: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 13:58:47 ID:atPDXRZL

wwwwwwwwwwwwwww


5: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 13:59:41 ID:UcaMitnB

アメリカの小麦は危ない
みんな、国産を食えよ!


8: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 14:01:23 ID:i1EPMKjw

またモンサントが儲かるな


9: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 14:02:01 ID:6KHFvxzz

モンサントは責任取れよ


200: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 21:21:35 ID:QOCIcQPa

草刈鎌がヒットしそうだな


210: 名刺は切らしておりまして 2014/01/16 21:55:54 ID:iWdjEmBI

またモンサント社か


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/16 23:30 ] メーカー 水産・農林 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。