スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【食品】「ギョーザ」判決 中国産食品の信頼確保が課題

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/22 10:25:39

no title

安価な中国産食品の安全性をいかに確保するかは、今なお日中双方にとって重要な課題だ。
2008年に発覚した中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国人被告に無期懲役が言い渡された。
中国河北省石家荘市の裁判所の判決によると、冷凍ギョーザの製造企業の臨時従業員だった被告は、工場内の冷凍庫に侵入し、注射器で有機リン系殺虫剤をギョーザに注入した。
騒ぎを起こし、待遇改善を訴えたかったという。
ギョーザを食べた千葉と兵庫の3家族10人が中毒症状を起こし、1人が一時意識不明となった。中国国内でも被害者が出た。
判決が「計画的で不特定多数の健康に被害を与えた悪質な犯行」と断じたのは当然だ。

この事件で、中国政府は当初、「国内で殺虫剤が混入された可能性は極めて小さい」と主張し、日本に責任転嫁しようとした。
混入された殺虫剤の科学鑑定結果などをもとに、日本側は反論し、外交問題に発展した。
長期にわたる中国側捜査の結果、中国の工場内における人為的な毒物混入だったと判明した。
事件によって、日本での中国のイメージは大きく傷つき、日中関係の悪化に拍車がかかった。
ひとりの従業員による特異な犯罪だったにもかかわらず、中国産食品全般への信頼が揺らぐきっかけになったとも言える。

中国国内では、事件後も、粉ミルクへの有害化学物質混入やカドミウム汚染米流通などが相次いで表面化し、中国産食品の安全性への懸念は強まっている。
事件を機に、日本向けの中国産食品を扱う日系のメーカーや商社の多くは、農場での農薬使用量や加工原料のチェックを強化するなど、より徹底した品質管理を行うようになった。
工場内に防犯カメラを設置したり、ポケットのない作業服を導入したりして、異物混入を防ぐ対策を講じている日系企業もある。

厚生労働省が昨年発表した12年度の輸入食品監視統計によると、中国からの輸入食品のうち、安全面での違反件数の割合は、輸入食品全体の平均を下回った。
ギョーザ事件の影響により、いったん大きく落ち込んだ中国からの食品の輸入量は、現在ではほぼ回復している。
日本の食卓は、生産コストを低く抑えられる中国産食材を抜きにしては成り立たない。
食の安全確保に万全を期す一層の努力が、双方の関係者に求められよう。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20140121-OYT1T01460.htm?from=ylist




4: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:30:53 ID:ASPj+DWN

意図的に異物混入しようとする可能性がある限りもう中国での製造はやめるべきだろ


5: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:35:07 ID:NxwaZhre

若干割高になってもいいから他国のものを採用すべき


8: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:37:24 ID:iubLn87O

中国以外で作ればいい


9: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:37:36 ID:9H/Fk6S3

いっぽう日本のマラチオン混入事件は、迷宮入りしていた


10: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:41:44 ID:Edu0zIiS

>>9
このタイミングで同時進行は中国工作員の仕業


14: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:52:07 ID:JSPDkfbl

外食業界で使ってる加工済み食品なんか中国製だらけじゃないか。
知らないうちに食ってるよ。


15: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 10:55:40 ID:rkmcSCUd

そういえばホテルのメニュー虚偽ブームは過ぎ去ったな。
またメニューに『芝エビ』復活か?w


17: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 11:14:25 ID:46nZuhq6

店頭で販売するのは日本産
加工されて売られてるのはほぼ海外産これ常識


19: 名刺は切らしておりまして 2014/01/22 11:22:29 ID:46nZuhq6

一方、日本は犯人すら捕まえられず


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/22 23:37 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。