スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【通信】NTTドコモ子会社半減 7月再編 余剰3000人、新規事業へ配置転換(リストラ)

1: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 07:21:16

no title

NTTドコモが7月に大規模なグループ再編に踏み切ることが30日、分かった。ショップ運営支援や保守サービスなどを行う全国の子会社25社を合併して12社程度に半減。子会社合併や支社のスリム化で生じる最大3千人の余剰人員を、3年間で新規事業など成長分野に配置転換する。他社への顧客流出が続く個人向け携帯電話市場の不振を、新規事業や法人需要開拓で補うのが狙い。同社の大規模再編は、8地方会社を1社に統合した平成20年7月以来6年ぶり。

ドコモは現在、関東・甲信越を除き、北海道から九州まで8支社がある。それぞれの支社がドコモショップなど代理店支援を行う地域子会社ドコモサービスと、ネットワーク構築・保守業務を行う同ドコモエンジニアリングなどに業務を委託している。

7月1日付で、8支社の傘下にあるドコモサービスとドコモエンジニアリングを合併するなど現在の18社を8社に統合。店舗運営支援と保守サービス業務を一体化して業務効率化とサービス向上を狙う。

一方、本社が直轄する関東・甲信越の子会社、ドコモサービス、ドコモエンジニアリング、ドコモサポート、ドコモモバイルなど7社(ドコモデータコムは除く)は、4社程度に統合する。

さらに、現在約5千人いる8支社の社員も2~3割削減する計画。余剰人員は来年度に千人程度、28年度末までに最大3千人を、今後の収益拡大を見込む新規事業と、中堅・中小企業向け営業にシフトし、グループの事業体制を一新する。

ドコモは27年度に新規事業分野の売上高1兆円を目標に掲げている。しかし、24年度は約5350億円にとどまっており、人員の重点配置とM&A(企業の合併・買収)で目標達成を目指す。

ソース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140131/biz14013107130007-n1.htm





6: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 08:02:19 ID:DUbaG1Sg

リストラキタ─ ̄─_─ ̄─(゚∀゚)─ ̄─_─ ̄─!!!!


2: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 07:22:52 ID:raM+Zm+f

どうせ、ドナドナ派遣の作業員だらけだから同じだろ。


4: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 07:45:31 ID:zzUxWMVS

使えない奴はどんどん首切ろう
無能は派遣とか中小とかフリーターしてればいい
無職はホームレスでもしてろ


5: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 07:53:53 ID:JuujtboR

>>4
そんなこと言ってたら自分に跳ね返ってくるぜ


16: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 10:50:59 ID:MNc9hl/S

>>5
跳ね返った結果が この時間の2chだろw


10: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/01/31 08:58:58 ID:q07vwCbs

配置転換というリストラ
大手に就職すると使い捨てになるだけ


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。