スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【地域経済】多摩ニュータウン、スーパー2店が撤退で移動販売車で買い物するお年寄り

1: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:16:49

◆高齢団地、誰が救う 

 1月31日午前11時過ぎ、多摩ニュータウンの貝取地区(多摩市)に、移動販売車が
やってきた。2トントラックに生鮮食品など計300点を積み込む。トラックが止まったのは、
3年ほど前に店じまいしたスーパーの空き店舗前だ。

 「一人暮らしだし、足腰が弱いから遠くまでは歩けない。移動販売を続けてほしいから、
これからも通うわ」

 そう言って笑う女性(88)は、杖をつきながら買い物をした。離れて暮らす息子が
毎週土曜に、中心街へ買い出しに連れて行ってくれるが、「1週間に買い物1回では足りない
」。移動販売が楽しみだという。30分ほどの販売で、15人が訪れた。

 移動販売は、多摩市と京王電鉄(多摩市)が提携する「買い物弱者対策」の一環。ニュー
タウンでは高齢化が進み、近くのスーパーが撤退して、買い物に困るお年寄りが増えている
。地域の要望もあり、昨年7月から、スーパー大手のイトーヨーカドーが移動販売を始め、
京王電鉄が4カ月後に続いた。

◆「移動販売は来ても候補者は来ない」「孤独死は珍しくない」

 多摩ニュータウンは1971年に入居が始まった。多摩、八王子、稲城、町田の4市の
東西約15キロ、南北約5キロにまたがり、面積は2884ヘクタールに及ぶ。とりわけ、
最初期に入居が始まった多摩市諏訪、永山両地区では高齢化率が高い。2010年国勢調査
によると、人口計約2万6千人のうち、65歳以上が約25%を占め、都の平均(約20%
)より高い。

 諏訪、永山両地区と西隣の貝取地区一帯では、ここ数年でスーパー2店が撤退した。京王
電鉄の移動販売車は1日に2、3カ所、週に11地点を巡回する。「高齢者だけでなく
子育て世代にも好評」(同社)として、1日4カ所、週20地点に増やす予定だ。

<以下略。省略部分はソース参照。>

ソース:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/CMTW1402061300003.html
no title



2: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:19:40 ID:oclStagd

税金で老人ホテルにでも入れろと言いたいの?


3: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:21:06 ID:6F9DEvLN

夢のニュータウン


8: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:29:18 ID:dQklMmNB

いつも思うんだけど、引っ越せよ・・お前が移動しろよ


11: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:31:32 ID:muOVC7tc

>>8
世の中、簡単に引っ越しできる人ばかりじゃないし



IYが移動販売に進出したこと自体が
多摩NTのポテンシャルの高さを示しているのに
何も知らない記者はこーいう莫迦な記事を書いちゃうんだよね


16: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:37:23 ID:XzeTLnwA

>>8
88歳の婆さんに部屋貸す大家はいないだろう。
死なれたら面倒だし。


9: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:30:10 ID:YALWg+Nm

まあ多摩NTは象徴的だからな。
俺の住んでる多摩地区のURの団地も住民の3/4が55歳以上だし。


18: 名無しに代わりましてWBNがお伝えします 2014/02/09 00:38:02 ID:s5R7C5Q9

あほ老害の自身の自業自得
日本を潰した団塊の罪は重い


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/11 19:31 ] 流通・小売 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。